任意売却とは

通常の場合は、住宅ローンの返済が出来なくなり滞納を続けていると『競売』にかけられ、どなたか分からない方が落札し、最終的には強制的に立ち退きをせざる得ない状態になります。
任意売却場合は、競売にかけられる前に、私どもが債権者(住宅ローン金融機関等)と交渉し合意のうえ、あなた自身の意思で売却します。
また、任意売却の場合は、一定の条件は有りますが、家賃を払いそのまま住み続けることも可能なリースバックという選択肢も有ります。

任意売却と競売の違い

表を横にスクロール出来ます。

任意売却の場合 競売の場合
価格 市場価格とほぼ同額なので残債を大幅に減らす事が可能です。 市場価格の50%~70%程度になりますので多くの残債が残ります。
残債の交渉 残債の返済交渉が可能ですので、無理のない範囲で返済が可能です。 そもそも債権者との交渉を行っていないので情報がないです。
退去 退去時の交渉は可能です。一定の条件は有りますが、家賃を払いそのまま住み続けることも可能です。 落札者の都合で強制的に退去を求められます。
引越し代金 債権者との交渉により受け取れる場合も多くあります。 立ち退き料はほとんど望めません。
プライバシー 通常売却と同じなので、売却理由を知られることなく売却出来ます。 裁判所内と競売専用インターネット(BIT)に記載される為、不動産業者や入札希望者の訪問もありえますので、近隣の住人にも察知されやすくなります。

任意売却の流れ

この間は住宅ローンを払わなくても住むことが可能です。
この間に引越し費用や自己破産費用等を貯めることが可能です。

無料相談

現在のあなたのご状況やご希望を具体的にお伺いします。

現状分析

無料相談でお聞きした内容を元に現状を分析し、ベストな方法をご提案します。

媒介契約

債権者との交渉・仲介業務にあたり、専任媒介契約を結びます。

不動産鑑定

地域の相場や取引事例、その他のデータを元に売却価格を査定します。

債権者との交渉

専門知識の豊富なスタッフがあなたに代わって債権者と交渉します。

不動産売買契約

買い主が見つかり次第、あなたと買い主の間で売買契約を締結します。

抵当権の抹消

引き渡しと決済を同時にします。債権者に抵当権の抹消や競売の取り下げをしてもらいます。

新生活のスタート

気持ちを切り替え、手元に残った引っ越し代、余剰金で新生活を始めましょう。

PAGE TOP